TOEICは持っていて損はない

実用的な英語の能力を客観的な評価とともに素早く知りたい時、何と言ってもTOEICは分かりやすいです。世間一般的に受け入れられているだけではなく、世界共通の資格であるため、1点でも多く点数を持っていたいです。また、この頃の外資系企業や外交関係だけではなく、世界から日本に仕事を求めてやってくる外国人や、旅行客も増加しているため、英語が得意ということは、決して損にはなりません。企業も外国人相手の人材を求める際には、履歴書の資格欄に記載されているTOEICの点数を確認するほどです。そのため、目指すならば高みを目指して、どんどん高い点数を持っているほど、仕事の評価も上がりますし、持っている人の能力も高く買われます。今持っている点数で満足することなく、次の試験で更にアップを目指して勉強することで、今後の自分のためにもなります。

TOEICとはどんなものでしょうか

TOEICとは英語の能力を判断するテストです。最近は大学の単位取得の条件になっていたり、企業の海外赴任の条件になっていることもあります。就職の際、履歴書に記入が求められることもあります。合格、不合格ではなく、スコアと呼ばれる点数で判断されます。スコアの目安は新卒であれば500点、中途採用であれば、600点、海外で仕事をしたいのであれば730点以上となります。自分の目標に応じてスコアアップを目指します。スコアアップのためには勉強が必要です。TOEICはリスニングとリーディングの問題があります。TOEICはスピード勝負です。慣れていないと時間が足りなくなります。そのため、公式問題集を購入し、繰り返し問題を解いて慣れておくことが必要です。良く出る単語や出題の傾向、時間配分に気を配ります。スコアアップのための教室や通信教育などもあります。自分に合ったものを選びましょう。

TOEICの勉強方法について。

TOEICは、英語によるコミュニケーション能力を評価する世界共通のテストです。一般の資格のような合否判定ではなく、10点から990点までのスコアで評価されます。就職活動で、履歴書やエントリーシートなどにスコアを書くことが求められる場合もあります。スコアが高ければ高いほど、好評価になるでしょう。TOEICには、大きく分けて3つの種類があります。一つ目は、最も多くの人が受験するマークシート方式のテストです。このテストでは、リスニングとリーディング、二つの英語力を測定します。二つ目は、英語でコミュニケーションをするために必要な、話すこと、書くことの能力を測定するテストです。三つ目は、「TOEICBridge」という、易しい内容の初級学習者向けのテストです。マークシート方式のテストを受験するための準備として活用すると良いでしょう。今の時代、日本でも英語能力が必要とされます。自分のレベルに合ったテストを見つけて、受験してみましょう。

Leave a Reply


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)